閉校後も「地域と共に歩む」旧山口小学校


 2014年3月31日、山口小学校は加津佐小学校との統合により閉校となった。

約60年間、子供たちの声を聞き続けた校舎は、いま沈黙を保っている。

 

 上記の写真は新校舎。旧校舎が腐敗し危険状態となったため、1956年に現在の場所に移転した。もともと茶畑であった2,000坪の土地を、地域住民の労働奉仕(以前は「苦役」と呼んでいた)により整地。もちろん当時は重機などもなく、すべて手作業で行われた。その功績を後世に残すため、今でも校長室の金庫にはその当時の『労働奉仕者出席表』が保管されている。(また新校舎落成にあたり、備品購入のために、南島原市内はもちろん遠くは長崎市・大牟田市まで寄付を募った一覧表も残っている)

 

 このように、地域の「子供たちに少しでも良い環境で学習して欲しい」という強い思いが詰まった小学校。かかわった先人達に敬意を払うとともに、この小学校を「取り壊し」という結末ではなく、もう一度「地域と一緒に歩む」ことができるよう、『山口小学校閉校跡地利活用検討委員会』が発足した。委員会では、「木造校舎での活動を永続させ」、また「地域の活性化の中心施設となるように」、日々議論や検討を行っている。

 

平成27年5月3日

山口小学校閉校跡地利活用検討委員会


■南島原市内の小学校閉校と閉校活用について


●吉川小学校 (2015/3閉校)

 →【検討中】

●白木野小学校(2015/3閉校)

 →芸術家を招いた『アートビレッジ・白木野事業』始動。

●古園小学校 (2015/3閉校)

 →委譲公募が実施され、委譲決定。

●梅谷小学校 (2015/3閉校)

 →検討中】島原中央高校学生寮建替えによる仮学生寮として利用。(平成29年3月まで)

 

●山口小学校 (2014/3閉校)

 →『赤い屋根のふるさと交流館』として、当委員会にて活動。地域おこし協力隊参加。

●津波見小学校(2014/3閉校)

  →『孝子の里 つばみ交流館』として活動。毎週土曜、津波見CAFE開店。

●堂崎小学校木場分校(2014/3閉校)

 →◇通級型心の教室(つばさ)

 

●長野小学校塔ノ坂分校(2013/3閉校)

 →『とんさか森の楽校』と『南島原食堂』が活用中。

 

●口之津第一小学校(2005/3閉校)

 →検討中】

●口之津第二小学校(2005/3閉校)

 →◇南島原市アーカイブズ事業文書センター

●口之津第三小学校(2005/3閉校)

 →◇社会福祉法人コスモス会ウェルカム社口之津

 

●北有馬小学校(2004/3閉校)

 →[解体]

●坂下小学校 (2004/3閉校)

 →◇ 1階:北有馬幼稚園 ◇2階:北有馬歴史資料館

●田平小学校 (2004/3閉校)

 →[解体]跡地は田平住民センター(公民館)

●西正寺小学校(2004/3閉校)

 →検討中】

●小林小学校山の寺分校(2004/3閉校)

 →◇メディアリレーション株式会社(2014)

 

●吉川小学校夏吉分校(2002/3閉校)

 →[解体]

●大野木場小学校(2000/3閉校※)

 →◇防災砂防学習施設「砂防みらい館」

※1991年9月15日18時54分に雲仙普賢岳の大規模火砕流にて焼失

●折木小学校(1982/3閉校)

 →[解体]跡地は折木公民館として活用


■南島原市内の小学校数推移


平成24年度 平成25年度 平成26年度

平成27年度

平成28年度

 平成29年度

 31校 30校 27校 23校 17校  15校

© 2015 山口小学校閉校跡地利活用検討委員会