※小さな画像はクリックすると大きくなります。スマートフォンは画面を横にしてご覧ください


■山口小学校の歴史


【明治】

1872(明治05)年   村内の寺子屋28軒が廃止

1874(07)年11月    加津佐村六反田名山口に創立(下等山口小学校

             下等小学校は6~9歳まで、上等小学校は10~13歳まで。

             下等小学校入学時は八級で、半年毎に進級。学力により

           「特別進級」「落第」が行われた。

1876(09)年01月   ◇生徒数:54名(男 48名。女 6名)

1884(17)年07月   校舎改築

1885(18)年03月     「中等水月小学校山口分校」と改称

 

1886(19)年09月   小学校令施行により、山口分校と宮原分校と統合され、

             宮原名の谷屋敷に移転、「簡易宮原小学校」と改称。

1890(23)年10月      教育ニ関スル勅語が発布

 

        11月     「尋常水月小学校山口分校」となり六反田名山口に分設

1893(26)年03月   尋常水月小学校から分離し「山口尋常小学校」と改称、

           (修業年限4年)として独立。

          ◇生徒数:92名

1899(32)年04月   2学級編制(1・2年複式、3・4年複式)

 

1903(36)年03月   新校舎に移転

1908(41)年04月   義務教育期間が延長

             3学級編制(1・2年複式、3・4年複式、5・6年複式)

 

            <山口尋常小学校の明治42年度卒業写真> 

【大正】 

1913(大正02)年   当時の山口尋常小学校校区は、上登龍、後登龍、

          中尾、山口、 鍛冶屋敷、富士山、蓮岳、上六田。

1920(09)年10月   日本初の国勢調査実施に際し、小学生はその趣旨を

             宣伝啓蒙するため、歌を歌いながら町を旗行列する。

1923(12)年09月   校庭が上下二段に分かれており運動に不便なため、

             六反田名の労働奉仕により現在の形に整備。

 

【昭和】

1929(昭和4)年4月  蓮岳が本校区域より分離

1941(16)年04月   「加津佐町山口国民学校」と改称

1947(22)年04月   学制改革にて「加津佐町立山口小学校」と改称

1949(24)年06月   4学級編制

           (1・2年複式、3・4年複式、5年単式、6年単式) 

1950(25)年03月   5学級編制

                  8月   二教室を増築。9月より全学年単式学級を開始。

1955(30)年05月   旧校舎腐敗のため、移転改築が決定。建設委員会を組織。

              9月  『六反田名の労働奉仕にて2,000坪を整地』

          ※昭和31年5月に完了

 1956(31)年08月  新校舎竣工(同年5月着工。186坪)

           9月  新校舎に移転

         10月  校舎移転新築落成記念事業として、名内外より寄付を

            募集し(総額110万円)、施設や教育設備の充実を計る

1957(32)年03月     校歌を制定(作詞:吉富 新一氏、作曲:伊藤 栄一氏)

             ※両氏は当校校歌の他にも「茂木中学校」「桜ヶ丘幼稚園」

                                                         「佐世保市立吉井南小学校」「雲仙市立神代小学校」を担当。

1962(37)年10月  特別教室(理科室17.5坪・図書室14坪)の新設工事を

                                             着工し、11月に竣工。 

                                                        ※新築総工費150万円。内50万円は地域が負担する。

ダウンロード
山口小学校校歌.pdf
PDFファイル 44.7 KB

1963(38)年09月  「学校給食(脱脂粉乳)」を開始

1970(45)年    町内各学校の教職員による「宿直勤務が禁止」

1978(53)年        太田和利氏が図書購入資金を寄付。寄付は数年続き

             図書室内に「太田文庫」が設置される。 

1979(54)年04月   加津佐東小学校から運搬する形態で「学校給食」を開始

1981(56)年03月   前年9月に着工した「体育館」が完成(総工費8,234万円)

 

 

1981(56)年04月   4学級編制

                                            (1年単式、2・3年複式、4・5年複式、6年単式)

1982(57)年09月      労働奉仕で「土俵」が完成

1981(56)年04月   4学級編制

                                            (1年単式、2・3年複式、4・5年複式、6年単式)

1982(57)年09月      労働奉仕で「土俵」が完成

 

【平成】

 

1997(平成9)年11月   「美しい故郷づくり花壇コンクール優秀賞」受賞

2002(14)年11月   PTA活動において「文部科学大臣賞」を受賞

2003(15)年04月  完全複式学級になり3クラスへ

2006(18)年03月   旧八町の対等合併により南島原市となり、

                                             「南島原市立山口小学校」に改称

        04月       3学級編制(完全複式学級)となる

2014(26)年03月  21日、閉校式典を実施(全児童11名、内2名が卒業生)

            03月  31日、閉校(在校生は新設の加津佐小学校へ通学に)


■六反田名(ろくたんだみょう。長崎県南島原市加津佐戊)の歴史

     【六   反   田   名】上登龍・後登龍・鍛冶屋敷・山口・蓮岳の5自治会 

     【山口小学校区】上登龍・後登龍・鍛冶屋敷・山口の4自治会


島原半島の興り

約430万年前   ☆口之津町早崎の海底火山のが噴火し、玄武岩の地層が

                                            隆起。≪島原半島≫が誕生する。

           ※150万年前には女島・岩戸山、130万年前に国崎・有喜火山、

                 115万年前に鳳上岳・上原、70万年前に塔ノ坂火山、と海底

             火山が噴火し、現在の島原半島を形成。

 

紀元前4世紀ごろ  ○北有馬に原山支石墓群(原山ドルメン)がつくられる。

           この遺跡の副葬品より『狩猟採集』が中心の生活に、伝来した

          『稲作』が取り込まれていった事が考えられる。

             ※ドルメン・・・フランス/ブルターニュ地域の言葉で、

                    ドルは「卓」、 メンは「石」を表す。

 

7世紀末までに  ☆令制国(りょうせいこく)成立により、

                                              ≪火国・肥国≫(ひのくに)が分割。

             ≪火国≫  →  ≪肥前国≫(ひぜんのくに。佐賀・長崎県)

                     ≪肥後国≫(ひごのくに。熊本県)

         ○地域の豪族が統治する共同体から、中央集権国家に

          移行する。

 

有馬氏の台頭 

【鎌倉時代】

1215(建保03)年   ○藤原純友の子孫「藤原経澄」が高来郡(たかき)の

          地頭職として来る。のちに日野江城を築き、有馬氏を

          称する。

1274(文永11)年   ○有馬氏、文永の役<元寇>に参軍

1281(弘安04)年   ○有馬氏、弘安の役<元寇>に参軍

【室町時代】

1353(正平08)年   ○「大智禅師」が、「有馬澄世」の招きにより”賀津佐”へ

          赴く。※大智禅師(だいちぜんじ。1290~1366。曹洞宗の開祖。

            道元禅師の法灯を継ぐ、 第六代の祖と伝えられる名僧)

1358(正平13)年   ○「大智禅師」が「有馬直澄」の寄進によって『水月山

           円通寺』を開山(水月天辺)。最大期は約500名の

                                                僧が修行を行う。

          ※大智譲渡状には[賀津佐村 字山口・字中原]と記載あり。

1359(正平14)年   ○上登龍(かみとうりゅう)に『温泉四面宮』が鎮座

             ※神逗留(長い期間滞在した所)が語源との説もあり。

               ※場所の変遷。上登龍(県道209号線沿い。南有馬町との境近く。

             鳳上岳側) →愛宕町(忠霊塔付近。元四面)→加津佐支所付近

             →現在の場所 

1366(正平21)年   ○旧12月10日「大智禅師」入寂(77)。その遺骨は四分

          され、生前開創の四寺に葬られ、 その塔を大梅と

          称した。(現1367年1月10日)

1496(明応05)年   ○「有馬貴純」が原城を竣工(日野江城の出城)

 

【安土桃山時代】

1578(天正06)年   ○「有馬晴信」が「龍造寺隆信」に降る

1579(天正07)年       ○「アレッサンドロ・ヴァリニャーノ巡察師」が

            口之津港に来航。 口之津で全国宣教師会議を開き、

                                                 全国より59名の宣教師が集まる。

                                           ○「晴信」によって水月山円通寺が破壊される

1580(天正08)年   ○「晴信」は当初はキリシタンを迫害していたが、洗礼

                                                 を受けて(洗礼名:ドン・プロタジオ)、それ以降は

                                                 熱心なキリシタンになる。『円通寺』が廃寺。

1582(天正10)年   ○天正遣欧少年使節、長崎を出港

                                       ○コエリュ=フロイスがキリシタン数名と口之津教会の

          少年たち多数を引率し、『岩戸穴観音』を襲撃。大小

                                           種々多数の仏像を破壊。破壊された仏像は、口之津の

                                               修院で薪として利用される。

 1584(天正12)年   ○「龍造寺隆信」が反旗を翻した「有馬晴信」を征伐

                                                 しようと進軍。「晴信」は「島津家久」に援軍を

                                                  願い、『沖田畷(おきたなわて)の戦い』で「隆信」

                                                 を討ち取る。

              ※有馬 3,000+島津 3,000 VS 龍造寺30,000 (諸説あり)

1585(天正13)年   ○宣教から一線を離れた「ルイス・フロイス」が加津佐

              司祭館で、『日欧文化比較論』の執筆を始める。

                                                  ※著書『日本史』の中には、[CAZUSA、CANZUSA] と記載がある。

1587(天正15)年   ○「有馬晴信」は「豊臣秀吉」の九州征伐において、

          島津勢と縁を切り、豊臣勢に加勢。その結果、

          九州諸大名の知行割にて所領安堵される。

            ※神代を除く島原半島と長崎浦上領の約四万石。

 

1590(天正18)年   ○有家から『セミナリヨ・コレジヨ』が加津佐に移る。

                                               当時の日本における唯一のキリシタン学府の地で、

          宣教師40名、生徒90名が在籍。

                                             ・コレジヨ:豊後府内→千々石→有家→加津佐→天草→長崎

                                                    ・セミナリヨ:有馬→安土(本能寺の変後に破壊)

                                                                           →北有馬(八良尾)→ 加津佐→八良尾→有家→長崎

          ○ヴァリニャーノが加津佐で全国宗教会議を開く

1591(天正19)年   ○天正遣欧少年使節がヨーロッパから持ち帰った

                                             『活版印刷機』がコレジヨに運ばれ、日本初の

          活版印刷、『サントスの御作業の 内抜書

          (ごさぎょうのうちぬきがき)』が印刷される。

                                           ※日本語をローマ字で記した2巻で構成され、1巻700ページを

              越す大冊。

1592(天正20)年   ○コレジオは天草、セミナリヨは八良尾(北有馬町)に

           移動する。

                     ○「有馬晴信」が一番隊として、文禄の役に参軍

1600(慶長05)年   ○関ヶ原の戦いにおいて西軍惨敗の報を聞き、東軍に

          寝返る。功績より旧領を安堵、肥前日野江藩初代

          藩主となる。

 

【江戸時代】

1612(慶長17)年       ○幕閣「本多正純」の与力でキリシタンの「岡本大八」

           が、「有馬晴信」を偽って収賄。「大八」は市中

           引き回しのうえ火刑、晴信も甲斐流罪の後に死罪に

           処される。両名がキリシタンだったので、江戸幕府

           の禁教政策のきっかけとなる。

1614(慶長19)年   ○晴信の嫡男で領内のキリシタンを弾圧した

          「有馬直純」が日向延岡に転封となる。家臣の中には

          随行を望まず、領内に居残るものが相当数いた。

 

島原・天草一揆

1616(元和02)年   ○大和五条藩主の「松倉重政」が肥前日野江藩主となる

1618(元和04)年   ○日野江城が手狭になったので、島原城の築城を開始。

                                               併せて、 原城を破壊する。

1630(寛永07)年   ○「重政」病死。嫡男「松倉勝家」があとを継ぐも、

                                                遊楽にふけり、重税を課す。

                                                ※建築税(住居新築)、炉を設ければ炉税、その他にも窓税、

                                                             棚税、畳税、頭税(出産)、穴税(埋葬)など様々な事柄

             に税を課し、農民を苦しめる。

1634(寛永11)年   ○天候不良により大飢饉が発生。餓死者が多数でて、

           押入強盗などが横行する。そのような状況下でも

           租税滞納者には拷問を行ったため、領主と農民が

           一触即発の状況になる。

              ○口之津村の百姓与三右衛門の妻(妊娠中)を年貢

           未進のため捕らえ、水責めにして殺害される。

           その非道なやり方に農民が代官屋敷を強襲。

1637(寛永14)年   ○旧06月15日 口之津村民集会

              ○旧10月10日 有家で庄屋甚右衛門が決起

              ○旧10月14日 加津佐の寿庵(じゅわん)、島原や天草

                   の各村々庄屋に 廻文を送付。

          ○旧10月25日 有馬村のキリシタンが中心となり代官所

                   を強襲。代官・林兵左衛門を殺害。この

                流れが大きくなり、『島原の乱(島原・

                天草一揆)』に発展する。

              ○旧10月26日 キリシタン3,000名が島原城を攻めるも

                落城せず。

              ○旧12月01日 原城修築工事が始まる。キリシタン

                500名が口之津の松倉屋敷を襲う。

                米五千表俵、鉄砲530挺、弾薬千箱

                                                                           を奪う。 

                                    ○旧12月03日 天草四郎時貞、原城に入る

                 ○幕府は「板倉重昌」を総大将とするも、九州大名の

              統制がとれず戦死。老中・「松平信綱」(知恵伊豆)

              が二代目総大将となる。

1638(寛永15)年  ○旧02月27日 豊前中津藩主「小笠原長次」の後見で

                  あった「宮本武蔵」が交戦。幕府側諸将

                  にとって、大きな心の支えとなった。

         ○旧02月28日 88日間という壮絶な籠城戦の末、原城が

                   陥落した。<幕府軍:125,000と一揆軍:

                   37,000[非戦闘員を含む・諸説あり]>

 

                                               加津佐住民(約1,500~1,600名)のほとんどが討ち死。

                                             「松倉勝家」は反乱惹起の責任を問われ斬首

          (江戸時代に大名が切腹ではなく、斬首された唯一の

           事例) 

            ※加津佐村・口之津村・串山村・有馬村・有家村・

                                                      堂崎村・布津(ふつ)村のほとんどの住民が

                                                      参加し、殺されたため、連綿と続いた地域の風習

             断絶される。

 

島原・天草一揆以後

1638(寛永15)年   ○遠江浜松の「高力忠房」が肥前島原藩初代

            藩主にとなる

1642(寛永19)年   ○人がいなく、荒廃した土地を元に戻すため、島原藩は

          『作取(つくりどり。年貢免除)』という移住対策を

          実施。その結果、大村藩の許可もなく移住する農民が

          沢山現れた。

          ※3/18時点で1266名が移動。高力摂津領内走百姓数二付書状より

 

          大村藩主「大村純信」は「高力」に返還を求めたが、

          交渉は決裂、そのため江戸幕府に申し入れを行う。

 

          〇走百姓問題を解決するため、7/16に江戸幕府は諸藩に

          島原天草移住令を出す。内容は、『親子5、3人も

          あり、移住させても田畑があれないところから百姓を

          移住させるように』。

           (連署:阿部對馬守・阿部豊後守・松平伊豆守)

          〇9/10~11、熊本藩より184名が島原に(天草は172名)

              移住。引率は川尻の小崎五郎左衛門。

 

※補足1

 ≪公儀百姓≫  幕府が各藩に移住を要請し、それに応じた農民

     ≪ 走 百 姓  ≫  藩主の許可なく、タクスヘイブンの新天地に移動した農民

       

※補足2

 <小豆島からの移住者姓>

  [加津佐村]→酒井氏(境町)・松藤氏(八之久保)・久間氏(蓮岳)

         宮崎氏(辻)・太田氏(越崎)・山本氏(越崎)

                                   門畑氏(小松)・高見氏(串) 

     [口之津村]→高橋氏(早崎) [北有馬村]→八木氏  

     [南有馬村]→大崎氏(吉川)・七条氏(吉川)・ 林田氏(清水)

      ※先祖が来住の際に「くわんす(茶釜)」を持参。

        

 <小豆島以外からの移住者姓>

  [加津佐村]→山崎氏(宮之町):薩摩 / 井口氏:豊前 /本多氏:豊後

         林田氏(西上町):延岡 有馬家臣 /江島氏:大川

         安永氏(津波見):筑前北原村 /白倉氏:五島 

         平湯氏(道原):雲仙札原 /藤尾氏(蓮正寺):肥後川尻

              

   (移住者により、新たな風俗・習慣・思想・生活様式が生み出される)

 

1651(慶安04)年    ○「忠房」の尽力により、水月に『蓮正寺』が開創。

1652(承応元)年   ○明僧「道者超元」が岩戸山島を ”巌吼”と形容した

            ことを由来とする『巌吼庵(がんくうあん)』 が

             創建。

1668(寛文08)年   ○1656年に「忠房」の死後、息子の「高力隆長」が家を

                                                継ぐが、遊楽・重税により家断絶改易処分を受ける。

 

1669(寛文09)年   ○丹波福知山藩主の「松平忠房」が藩主となる。

1671(寛文11)年   ○岩戸観音造立

1706(宝永03)年   ○六反田名山口の宝寿庵(ほうじゅあん。巌吼庵

           所属)再建

1707(宝永04)年   ○「忠房」の代に命じた『島原大概様子書』が、二代

          「忠雄」の代に完成

                                           石高(加津佐村):2,601石6斗6升4合※高来郡内で一位

                                   ・人口:7,940人(戸数:1,918戸)

                                              ・漁師は水月名に住み、鯛、ぼら、伊勢海老、鰯、あじ、など

              をとった。

                                                  ・六反田名には松たけ山が一箇所ある。

 

1760(宝暦10)年   ○六反田名山口の宝寿庵を再々建(庵主:横外)

1762(宝暦12)年   ○現在の玉泉寺山門にある『金剛力士像一対』が

          石切「菖蒲田 十次郎」によってつくられる。

          ※この仁王像は宝寿庵境内にあったと考えらる。

1782(天明02)年   〇栗原富左衛門が巌吼庵七世住職の慧兌に対し、

          宝寿庵の正門石塔を寄進。

 

1792(寛政04)年  ◆4月1日。雲仙岳大爆発。眉山(まゆやま)が

                                                    破裂し、山津波(大規模な山崩れ)が発生。

             『島原大変肥後迷惑』と呼ばれる。死者・

                                                 不明者1万5000人(肥前:1万、肥後:5千)

                                      いう、有史以来日本最大の火山災害となる。

 

1812(文化09)年  ○旧11月16日(12月19日)。第8次測量のため、

             島原半島を訪れていた「伊能忠敬」一行が

             加津佐 庄屋 菅市左衛門 林田新左衛門宅に宿泊。

 

1817(文化14)年  ○口之津加津佐方面にサトウキビの栽培が盛んに。

              ※1837年、穀物の生産が減少したため、栽培禁止。

1856(安政03)年  ◆旧6月。宇左衛門火事が発生。324戸余焼失。

1858(安政05)年  ◆旧8月。コレラ病流行。領内で800人程の犠牲。

1863(文久03)年  ◆旧6月20日。儀平火事(加津佐大火)が発生し、

             300戸余焼失。

 

明治以降

1868(明治元)年   ○高来郡

            幕府領(長崎奉行)、佐賀藩、大村藩、島原藩

1871(04)年      ☆廃藩置県

            8月29日廃藩置県     ≪肥前国≫ → ≪島原県≫

          12月25日第1次府県統合 ≪島原県≫ → ≪長崎県≫

1872(05)年      ○前年に制定した戸籍法により、戸籍(王申戸籍)を

            作成。作成実務は加津佐:温泉神社宮司植木氏が

            任命される。(戸長は本多西男)。これを境に

            庄屋という役職が、名実ともに無くなる。

          (加津佐村庄屋は菅原道根)

1875(08)年              ○平民苗字必称義務令が発令。当時、村民の大多数は

            苗字氏を持っておらず、村の有識者が 部落ごとに

            名付けた(苗字の約80%は地名・移住前の地名に

            由来する)。 

1876(09)年       ○9月。佐賀県が長崎県に合併。(1883年までの7年間)

            ○『加津佐村誌』

           戸数:1,745戸 人口:8,486人

                                                                        (男 4,414/女 4,072)

                          郷社:温泉神社(水月名松原)

           村社:天満神社(野田名小松)

           雑社:鹿島神社(六反田名)

1877(10)年     ○西南戦争(明治政府に対し旧薩摩藩士が起こした

           反乱で、 国内最後の内戦)が起こり、加津佐から

                                               も軍夫として何名かが出役。

1878(11)年     ☆7月22日。郡区町村編制法制定に伴い、≪肥前国≫を

                                               構成した令制の郡であった≪高木郡(たかき)≫が

                                               分割。

                                      ≪高来郡≫  → 島原半島部分の≪南高来郡≫

                                              →  それ以外の≪北高来郡≫

          ○三井物産長崎支店口之津出張所が開設。

1879(12)年      ○(大字)六反田

            (小字)上登龍・後登龍・山口・中尾・鍛冶屋敷・

                                                                    田端・大屋敷・蓮岳・富士山 

1889(22)年       ☆4月1日。町村制施行に伴い、≪南高来郡≫に

             ≪島原町・湊町と28の村≫が成立する。

1890(23)年       ○11月29日。大日本帝国憲法が施行。

1893(26)年       ○『南高来郡町村要覧』

           戸数:1,688戸(六反田 206戸)

           人口:8,867人(男 4,361/女 4,506/

              六反田 1,080/大地主 2)

              水月に600戸の漁師。口之津村に

              石炭積従事人夫が約100人。

1894(27)年   ○朝鮮半島の甲午農民戦争(内乱)が発端となり、

                大日本帝国と大清国(中国)が争う、日清戦争に

            発展する。

1897(30)年       ○4月2日。口之津~加津佐~茂木の『連絡船』運航。

         (昭和17年休航)

1902(35)年   ○永野仲蔵氏が私財を投じ、「私立口之津女子手芸学校」

                                             を設立。(その後、1918年「口之津村立」になり、

                                              1919年「口之津・加津佐両村組合立口加女子手芸学校

                                              口之津女子」、1930年「県立口加高等女学校」、

                                              1948年「県立口加高等学校」となる)

1904(37)年       ○日露戦争が始まる

1905(38)年       ○日露戦争凱旋祝いの際に、現岩戸町外三町で

                                            『加津佐棒踊り』が披露される。(発祥)

 

1913(大正2)年   ○後登龍・上登龍にて「イワオコシ」という銘菓が

           製造され、広く評価を得る。

1916(05)年       ○六反田名に曹洞宗寺院で巌吼寺末寺(まつじ)として

          『金峯山玉泉寺』が創建。開基(寺院の創始にあたって

            必要な経済的支持を与えた者)は「栗原イシ」、 

                                             開山は「霖玉仙」。

1922(大正11)年  ◆12月8日。島原大地震が起こる。鳳上岳の山頂から

             落石があり、後登龍では三軒の家屋が崩壊した。

                                                (火花を散らして落下したと言い伝えあり)

1923(大正12)年  ○三井物産は前年の三池内港完成を受け、口之津

          出張所を閉鎖。

 

1927(昭和02)年  ○加津佐村の徴兵検査を小浜町光泉寺で実施(132名)

          区分は甲種・第一乙種・第二乙種・丙種・丁種。

1928(03)年    ☆1月1日。「町制」施行。 

            ≪加津佐村≫ →  ≪加津佐町≫

             ○加津佐庁舎、加津佐劇場「(竹下スエ氏。昭和44年

              閉館)、公民館(中村佐治介氏。昭和32年閉館)が

          建設される。

           ※加津佐劇場では主に映画(二十四の瞳など)が上映され、

                                                              その他には大衆演劇や歌謡ショーなどが開催される。

 

1931(06)年         ○9月18日。満州事変が起こる。

1933(08)年     ○7月、前浜に県営海水浴場が開設。上海方面から

          多数の観光客が来る。

          (7~8月末までで、町内宿泊者の延べ人数が9,146名)

1937(12)年     ○盧溝橋事件が起こり、予備役の在郷軍人の招集が

          始まる。また、併せて充員召集が始まる

          (9/14には六反田から十数名が出征した)。

1941(16)年     ○太平洋戦争が始まる

1942(17)年     ○3月に「加津佐町翼賛壮年団(大政翼賛会の傘下

          団体)」が結成。

             ○4月に各婦人会を解消し「大日本婦人会加津佐支部」

                 が結成。

1944(19)年        ○8月10日の夜。初めて加津佐上空に米機を確認。

             ○11月22日。女島沖海中に爆弾三個を投下。 

1945(20)年        ○6月。翼賛壮年団を解散。加津佐町国民義勇隊が設置。

             ○6月29日。前浜に停泊中の軍用船を機銃掃射され、

                                               死者6名・重軽傷者14名の被害がでる。

             ○7月10日。岩戸山で軍事施設工事が開始。

             ○8月9日。長崎市に原子爆弾(ファットマン)が投下。

                                               当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人

                                               が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した。

 

戦後

1946(21)年     ○11月3日、新憲法発布。第二次農地改革法が可決し、

                                               翌年より農地の買収・譲渡が開始する。

1977(52)年     ○青年団によって郷土芸能「棒踊り」が復活。

1980(55)年     ○第13回国勢調査の結果(加津佐町) 

              世帯数:2,636世帯 人口:10,152人

                                                             (男:4,885 女:5,267)

1983(58)年     ○六反田地区老人会が「六反田生活史」をまとめる。

1984(59)年         ○簡易水道(水源:中原溜池)が完成。県内初の

           取水船方式ポンプアップが採用される。

           ※それまでは井戸水・天水に頼っていた。

1986(61)年         ○加津佐走ろう会がリレー形式で島原半島一周を

           走破(3回目)。

 

1991(平成03)年   ◆6月3日。雲仙普賢岳噴火に伴う、大火砕流発生。

                                                43名の死者/行方不明者(報道関係者20名、

                                                消防団12名)と、9名の負傷者を出す大惨事となる。

2006(18)年   ☆3月末。合併特例法に伴い、口之津・南有馬・北有馬・

            西有家・有家・布津・深江と合併。【平成の大合併】

                                         ≪加津佐町≫ →  ≪南島原市≫

2008(20)年   ○3月末。島原鉄道の南線(島原外港 - 加津佐間)廃止。

 


■歴代加津佐村長・加津佐町長


[村長]

●天本吉郎太  【初代】1889~1907 

            ※俸給は名誉のため無給と定められた。元初代戸長。

●栗原一角(イッカク)   【二代】1907(1)、’11(2)、’15~16/10/4(3)<死去>

●相良鹿間(シカマ)  【三代】1916/11/2~’18/10/8<辞任>

●林田喜代造   【四代】1919/1/6~’23/1/5<辞任>

●林田祥一郎   【五代】1923/2/5(初)、’27(二)

                             ※1928/1/1の町制施行にともない、初代町長に。

 [町長]

●小柳二雄(ツギオ)    【二代】1931/6/25~’34/5/10<辞任> 

                     ※辞任後、栗原大島太郎氏が町長臨時代理に。

●栗原大島太郎          【三代】1935/1/6~12/13<辞任>

●松本二三(フツミ)          【四代】1936/10/14~’37/6/3<辞任>

●近藤要輔(ヨウスケ)        【五代】1937/9/28~’39/2/15<辞任>

●山口牛六(ギュウロク)   【六代】1939/6/24(1)、’43(2)

●小柳二雄         【七代】1946/1/14~10/31<辞任>

            ※辞任後は助役平湯至が町長臨時代理に。また、小柳氏は

                                                                   町長のほか、県会議員六期(副議長を含む)を勤める。

●栗原大島太郎       【八代】1947/4/5(1)、’51/4/5(2)、’55/4(3)、’59/4(4)

            ※県会議員三期(副議長を含む)と衆議院議員も勤める。

●宮崎成一(セイイチ)         【九代】1963/5/1(1)、’67/4/25(2)、’71/4/25(3)

               ’75/4/27(4)、’79/4/16(5)、’83(6)、

                                                               ’87~’91(7)

●松代一昌(カズマサ)      【十代】1991~’95

●元山芳晴(ヨシハル)     【十一代】1995(1)、’99(2)、2003~’06/3/31(3、無)

                  →南島原市になり、【副市長】2006/4/1~’10


〔参考文献〕

・加津佐郷土史 加津佐史話(林田 第壹號 著)

・加津佐 ふるさと史跡めぐり(福田 八郎 監修)

・六反田生活史(加津佐農業改良普及所 発行)

・口之津町史 郷土の歩み(白石 正秀 著)

・図説 島原半島の歴史(松尾 卓次 監修)

・島原の乱雑記(坂口 安吾 著)


© 2015 山口小学校閉校跡地利活用検討委員会